商品検索

カレンダー
2020年4月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2020年5月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
土・日・祝日は発送業務はお休みさせていただいております。 ブルー表示は臨時休業日でございます。
新入荷商品一覧
再入荷商品一覧
 
ブランド一覧
売れ筋商品
メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら

精油の基本的な使い方・楽しみ方

エッセンシャルオイルの使い方

アロマテラピーで使う精油(エッセンシャルオイル)は、香りを楽しんだりマッサージに使うことが出来ますが、使う際には少し注意していただきたいことがあります。

そこで、基本的なアロマテラピーの楽しみ方についてお話しします。

精油の選び方

精油は天然100%のものを使います。

・フレグランスオイル
・ポプリオイル
などは、精油ではありませんので、ご紹介しているような効能は得られません。これらは合成香料であり、あくまでもインテリアの一部として香りを楽しむためのものです。

表示を確認

天然100%精油には、以下のような表示があります。

・学名
・抽出法
・抽出部位
・原産地

最低限、これだけの情報が記載されていないものは精油とは呼べません。

学名は商品名とは違い、世界共通の名称です。植物を特定するために必要な情報なので、本物の精油なら必ず記載されています。

抽出部位とは精油が植物のどこから採れたかを示すものですが、抽出部位が違うと同じ植物でも成分が全く違うことがあり、効能もまた違ってくるので、とても大切な情報です。

精油の使い方の注意

精油は100%天然だからこそ、いくつか注意して欲しいことがあります。

肌に直接つけないこと

精油はとても濃厚な植物のエキスですから、ものによっては肌に刺激がある場合があります。
ですから、基本的には肌に直接原液をつけてはいけません。必ず植物オイルなどで希釈して使います。

早めに使い切ること

精油は天然のものですから、ふたを開けた時から劣化が始まります。
パチュリやローズのように、時間が経って香りが良くなってくるものもありますが、基本的には開封してから1年以内に使い切るようにしましょう。
レモンやグレープフルーツ、オレンジなどの柑橘系の香りは劣化しやすいので、開封後は半年以内に使い切ってください。

保管に気をつけること

精油はとてもデリケートなので、高温多湿の場所が苦手です。浴室などの暑いところにはおかないようにしてください。
直射日光の当たらない、涼しい場所で保管します。
また、精油は油ではありませんが引火性がありますので、キッチンなど火気のあるところで使う際には十分気をつけてください。

香りの楽しみ方

精油をどのようにして使えばいいのか分からない、という人もいると思います。おうちで簡単に香りを楽しむ方法をご紹介します。

アロマランプなどで楽しむ

もしもアロマランプ(アロマポット)、アロマディフューザーなどの器具をお持ちなら、それを使って香りを楽しみましょう。
お部屋全体に香りが広がって、心地よいリラックス空間を作ることができます。
コンセントに差して使う小さなアロマランプなら、廊下などで使うと常夜灯代わりにもなりますよ。

ティッシュやマグカップでも香りを楽しめる

特別な器具がなくても香りを楽しむことは十分出来ます。

例えば、精油を数滴ティッシュにたらして枕元に置いてみましょう。良い香りに包まれて、リラックスしながら眠りにつくことが出来ます。
また、マグカップにお湯を入れて香りを楽しむ方法もあります。
マグカップに少し熱めのお湯を入れて、そこに精油を数滴たらして置いておくと、香りがお部屋全体に広がります。
熱が加わる分、ティッシュよりは香りが広がると思います。

玄関やトイレでも

冷凍庫に余っている保冷剤はありませんか?それを解凍し、ガラス容器もしくはプリンのカップのようなプラスチック容器に中身を出します。
ジェル状になった保冷剤が出てくると思いますが、ここに精油を加えて(5〜10滴)アロマジェルを作ります。
作ったアロマジェルはそれほど香りは強くありませんが、玄関やトイレにおいておくと、数日香りが楽しめます。

アロマバスを楽しむ

せっかくですから、お風呂でも香りを楽しみましょう。手作りアロマバスソルトで、ゴージャスなバスタイム。1日の疲れも取れますし、リラックスして睡眠の質も高まるでしょう。

作り方は簡単です。天然塩大さじ2〜3に精油を3〜5滴加えてよく混ぜます。それを湯船に入れてアロマバスを楽しみます。
塩には身体を温める働きもあるので、冷え性の方にはとてもおススメです。
乾燥肌で保湿をしたい人は、はちみつやお酒、植物オイルに精油を混ぜてもいいでしょう。
オイルは少し少なめ、大さじ1杯くらいで十分です。

セルフマッサージをする

精油は肌に直接塗ってはいけませんので、必ず薄めてから使います。植物オイル小さじ1に対して精油を1〜2滴加えて混ぜたものを身体に塗ります。
べたつくのが嫌な場合は、水溶性ジェルで薄めて塗る方法もあります。
足のむくみが気になる時はふくらはぎに、肩こりが気になるときは肩から首にかけて塗って、軽くマッサージをしてみてください。
精油の成分が肌から浸透して血行を良くしたり、筋肉を和らげたり、気持ちをリラックスさせるなど様々な効果が得られるでしょう。
マッサージはお風呂上がりの血行が良くなっている時に行うととても効果的です。

どうですか?今まで難しく思っていたアロマテラピーが意外と簡単に楽しめますね、
ハワイがお好きな方だからこそ、ハワイで育まれた100%ピュアエッセンシャルオイルをお楽しみいただきたいです。

購入はこちらから
ページトップ
>